フリークライミングについて


 フリークライミングは手と足だけで岩や人工の壁を登るスポーツです
 (スポーツクライミングと呼ばれることもあります)

 広い意味では「ロッククライミング」といいますが
 険しい岩山(登るために道具が必要になるような断崖絶壁、等)で
 それらの道具を使わず、純粋に人間の力だけで登れないものか?
 素手でも登れるのでは?そんな、挑戦的な考え方から生まれました

 ”フリー(Free)”とは、素手、道具の解除・解放の意味です
 とはいえ、最低限の安全を確保するための道具は使用します

 皆様、さまざまな目的でクライミングを楽しまれております
 競技会、自然岩場のための練習だけでなく、シェイプアップや
 気晴らし、夏山登山の為の心身強化、運動不足解消、等など

 なかなか日常生活の中では全力を出して何かをするという
 機会が少ないあなたにはうってつけ!

 マイペースでできるので、気軽に挑戦してみましょう!




使用する道具
 インドアクライミングの主な道具です





登り方・遊び方

 遊び方の種類のご紹介です

ボルダリング ロープを使わずに登ります。
そのため高さも数メートル。
ロープがない分、身軽なため

基本的な動作を練習したり、
より複雑な動きも可能です。
ジムの中には安全のために
マットが敷いてあります。
トップロープ
 クライミング
ロープを壁の上から垂らして
吊られる状態で登ります。
落ちても衝撃は少なく”登る”
事を楽しむには1番安全な
方法です。
リード
 クライミング

ロープを壁の途中にある器具
”クイックドロー”にセットしながら
登ります。トップロープに比べて
”ロープセット”という動作の分
判断力や持久力が要求される
ようになります




注意事項

 "トップロープ”と”リード”はロープを使用します
 ロープの片方をクライマー(登る人)が付けて、
 もう片方をビレイヤー(確保者)が付けます。
 そのためロープを使う場合は2人1組で登ります。


 ”クライマー”と”ビレイヤー”はお互いに命を預ける・預かる関係に
 なり、些細なミスがお互いの命にかかわる事になります。
 正しい技術を身に付けましょう。

 尚、ここに書かれている事が全てではありません。当サイトの掲載内容のみでの
 軽はずみな判断は命にかかわりますので、お止め下さい。
 当方では責任負いません。